<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Andrew Dewar「Fighter Jets」

 “Paper Airplanes That Really Fly!”シリーズとして,Periplus Editonsから発行された。Dewarさんならではの立体胴紙飛行機は相変わらずのかっこよさだ。
 このうちFighter Jetsはジェット戦闘機のスケールモデルを中心に,5機のオリジナル機を含む15機を掲載している。個人的にはジェット機はどうしてもスピード主体の飛びになるので,あまり好みではない。でもDewarさんデザインはさすがというか,カッコイイ。デザインという観点ではクラシカルなPioneeers of Flightと非常に対照的である。

 難点はやはり,再利用に不向きなこと。切り取りやすくミシン目がはいっているが,そのぶん切取線の表示はない。だからスキャナで読み込むのも難しい。また糸で閉じたモノを接着剤でくっつける製本法なので,一枚一枚を切り取りにくい。そりゃまあ,同じ機体作りたければまた買うという方がいいんだろうけど。

 さて,Amazonを見て気が付いたのだが,2005年1月にこのシリーズが追加されるようだ。Wings Of Adventure Space Planes である。Amazonにて予約受付中。前者は初めて音速を超えたBell X-1とかが掲載されているようだ。後者はロケット系か。スペースシャトルなんかもありそう。
[PR]
by northCountry | 2004-09-24 17:50 | 紙飛行機

Andrew Dewar「Pioneeers of Flight」

 “Paper Airplanes That Really Fly!”シリーズとして,Periplus Editonsから発行された。Dewarさんならではの立体胴紙飛行機は相変わらずのかっこよさだ。
 このうちPioneers of Flightは,航空史黎明期の期待を10機掲載している。残念ながら,見るからに「飛びそう!」な期待は少ないが,逆に不思議な形が時代を表しているようで面白い。Wright FlyerがモデルBとかあるなんて,知らなかった。
 解説は当然英文だが,組み立て方などは見ればわかるのでほとんど問題ないだろう。また二見書房のシリーズに掲載していたのと同じイラストなども使われているので,内容の重複もありそう(つきあわせて見てないけど)。

 ただ一つ難点を言えば,再利用に不向きなこと。切り取りやすくミシン目がはいっているが,そのぶん切取線の表示はない。だからスキャナで読み込むのも難しい。また糸で閉じたモノを接着剤でくっつける製本法なので,一枚一枚を切り取りにくい。そりゃまあ,同じ機体作りたければまた買うという方がいいんだろうけど。

 さて,Amazonを見て気が付いたのだが,2005年1月にこのシリーズが追加されるようだ。Wings Of Adventure Space Planes である。Amazonにて予約受付中。前者は初めて音速を超えたBell X-1とかが掲載されているようだ。後者はロケット系か。スペースシャトルなんかもありそう。
[PR]
by northCountry | 2004-09-24 17:45 | 紙飛行機

今月に入って更新してないけど

ちゃんと見てます。
えー。しかかり中のネタは,
・Dewarさんの洋書2冊
・ソロギのしらべDVD×2
・倫典さんの教則DVD
なかなか評価するまで見てないので。さらっとは見たんだけど…。

あと,楽譜編というのも考えてます。ただ楽曲の評価はCD,あるいはDVDでやるべき。その意味ではアレンジに関する評価というのが成立するかなあと考えているんだけど,なかなか難しかったりする。
 例えば「ソロギターのしらべ」シリーズは,楽譜が1ページに収まることを前提にしたアレンジだし,南澤さん自身が「原曲のコード感を重視して…」と語っている。その結果音楽的に不満が出たとしても,それは批判の対象とはならない。別の言い方をすれば,「南澤さんのアレンジより倫典さんの方が音楽的に面白い」としても,それはもともと狙い通りだとすれば,的はずれな評言ということになる。
[PR]
by northCountry | 2004-09-23 18:58 | その他