<   2004年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ギター遍歴(その3)

 復活のきっかけとなったのは,NHKと渡辺香津美だったりする。
 NHKの趣味悠々という番組で,「アコースティック・ギター入門」が放映された。「大体この手の番組は,出てくる受講者が最初は結構下手なんだけど,いつの間にかムチャクチャうまくなってんだよねぇ」などと話しながら見始めた。そのころ,「どうせギターって伴奏楽器でしょ」とあしざまに言われた(言った人は悪気はなかったようだが)ことに,なんとか楽器としてのありようを見せたいと思っていたころでもあった。

 その割と最初の方。「ラ・ヴィオレテラ」だったと思う。単音だけとはいえ,伴奏楽器ではないギターとしての練習曲だ。もっぱらコード弾きばかりだったボクでも,これは簡単だった。実際,番組終了後にギターを持ち出し,その場で耳コピーして弾いていた。なんだ。できるじゃん。

 というわけでその日から,ソロギターへのチャレンジが始まった。大体2年前くらいのことだ。
 ちょうどヤマハミュージックメディアから「名曲を弾く!極楽ソロ・ギターサウンド」が出ていた。これがまた,手頃な曲が多かったのも幸いした。さらに,リットーミュージックの「ソロギターのしらべ」を2冊。すっかりはまっていった。

 その年の誕生日に,「何が欲しい?」と聞かれて答えたのが「もっといいギター」。FG-201Bは,ソロギターの演奏に向くようなものじゃなかった。できなくはないが,弾きにくい。10万円くらいの予算で探してみたが,どうも中途半端だった。そしたらあっさり「じゃあ20万円くらいかければ」とのお許しが出た。

 候補に挙がったのが,OM-28V(ヘッドに大きな打痕あり),OOO-18/28,Thompson T-1,Taylor 53x。試奏して比べてピンと来たのがT-1だった。喜び勇んで購入した。嬉しかったなあ。

 その後1カ月もしないうちに,ヤフオクで10万円の新品同様のOOO-18を落札。わずか1カ月の間に結構な出費をしてしまったのだった。そして1年後には,アリアのシンソニードやマーチンのバックパッカーまで手に入れていたりする(会社用ということで)。一体,何をやっているのやら。
[PR]
by northCountry | 2004-03-10 20:22 | ギター

ギター遍歴(その2)

 社会人になると,学生の頃のように時間はない。ますますギターから遠ざかっていった。独身時代は時間さえあれば飲み歩いていたようなものだし。

 結婚した。子供ができた。久々にギターを弾く気になった。下手でもいいから,音楽を心から楽しむ家庭にしたくなったからだ。

 最初は昔の教則本や楽譜を引き出して,弾き語りをしていた。しかし,カラオケでもなしに虚空に向かって歌うというのも,どうにも気恥ずかしいものだ。それでも数ヶ月は指が思い出すまでがんばっていただろうか。で,また1年くらいあまり弾かない日々が続いた。

 
[PR]
by northCountry | 2004-03-09 20:23 | ギター

ギター遍歴(その1)

 たまにはCD評以外のものも。というわけで,ギター遍歴をまとめておく。

 最初にギターに触れたのは,おそらく小学校低学年の頃。親戚のおばさんの家に行ったときに,ずっと年の離れたいとこのギターをさわらせてもらったのが最初だろう。もう「人造人間キカイダー」は放映していたのだろうか。とにかく,ギターに対するあこがれを抱いていたが,弦を押さえる指がすごく痛かったという印象がある。

 中学のころ,ニューミュージックと呼ばれ,シンガーソングライターと呼ばれる人たちの曲が流行した。アリス,さだまさし,松山千春,チューリップ,…。英語の曲は歌詞がわからんので善し悪しもよくわからんし,歌謡曲はミーハーチックでイヤだ。なんて思ってこのあたりの音楽ばかり聴いていた。親が姉のために買ってくれたヤマハの安物のクラシック・ギターを弾いて,このあたりの弾き語りを練習していた。

 だがすぐに不満を感じるようになった。クラシック・ギターは指板がフラットだし,ネックの幅が広すぎる。だからうまく弾けないんだ(道具のせいにするヤツ)。最初に手に入れたのはヤマハの「FG-201B」。オレンジラベルの2万円の安物ギターだ。今思えば,弦高は高いし,最初からやや順ぞりしてたし,ある意味ろくでもないギターだった。だが,当時のボクにしてみれば思い切って買った大事な宝物だ。本当に,毎日弾いた。最初の頃は10分と弾くのもつらかった。ちょっと休んでも指の痛みはすぐに戻ってくる。それでも毎日,教則本と格闘していた。
 やがて基本的なコードは大体覚えるようになると,弾き語りなら適当に弾けてしまう。もっぱらフラットピックでガシャガシャやっていた。3フィンガーのところはフラットピック+中指という変則2フィンガーで弾いていた。

 やがて大学に入り,そのころまではそれなりに弾いていた。学園祭で弾き語りをやったこともある。だがもう,時代はアコースティック・ギターではなくなっていた。エレキでリードフレーズをやらなければギタリストじゃない,みたいな。でもエレキの音は嫌いだし,FG-201Bはリードフレーズを弾けるようなギターじゃなかった。やがてギターに手を伸ばす機会が段々と減り,半年に一度も弾けばいい方という感じで遠ざかっていった。
[PR]
by northCountry | 2004-03-09 19:51 | ギター

住出勝則「Ain't Life Grand」

 住出勝則の4thアルバム。Shadow Dancerと一緒に購入した。
 正直な感想を言えば,Shadow Dancerの方が上だと思う。もちろんGroove感はいいし,Shadow Dancer聞いてなければ十分納得できただろう。でも個々の曲を聞いて,どっちが好みって言われたら断然Shadow Dancerを取ってしまう。

 決してタタキ系ばかりじゃなくて,バラードも聞かせるし,やっぱしうまい。よく言われることだが,だてにシグナルでフォーク・デュオをやってたわけじゃない。それが「歌心」というのかどうかはしらないけど。たぶん,あのパフォーマンスぶり(とにかく気持ちよさそうなんだ!弾き方が)は,聴衆を楽しませようという心から出ているのだろう。押尾コータローのそれとは違うけれど,やっぱりライブがいい人なんだな。
 岸部さんに足りないところはここかもしれない。彼は非常に丁寧で繊細なプレーをするが,顔が完全にギターの方を向いてしまって聴衆からその表情が見えない。あれではちょっとねえ。岸部さんもCD聞くよりライブの方がすごいと思ったけど,そこが残念だ。

 まとめてしまえば,いいアルバムであることは間違いない。だが,サード・アルバムからの進化というのが個人的には感じられなかった。というわけで,最新アルバムを買うかどうか,まだ迷っている。
[PR]
by northCountry | 2004-03-09 19:38 | CD評

住出勝則「Shadow Dancer」

 一応ギター弾きの私としては,せっかくCDを購入するんだったらある程度弾けるようになりたい(といっても,全曲制覇は死ぬまでやっても無理だろうけど)。だから,楽譜が発行されているか,発行されることを前提としてCDを購入することが多い。

 でもこのアルバムはそんなこと関係なしに購入した。1年くらい前に中川イサト,岸部眞明,住出勝則の3氏によるジョイント・ライブを聞きに行ったのがきっかけだ。実のところ,お目当ては岸部さんだった。岸部さんの「Hajimari」は鳥肌がたつほどすごかったが,それ以上に驚いたのが住出さんのプレイだった。とにかく,ノリノリである。誰かがGroove Masterと評していたが,うなずけるところだ。ライブで演奏した3人の中で,唯一プレイヤーではなくパフォーマーと言える演奏家だったと思う。

 で,そのライブの感激をそのまま再現してくれたのがこの「Shadow Dancer」。2001年に発行されたサード・アルバムである。スピード感のある「Funk Rag」は,ボディ・ヒッティングを効果的に使っているノリのよい楽曲だ。タイトル曲の「Shadow Dancer」は,ミディアム・テンポを有効に使っていて,心を揺さぶられる感じがした。一転して「One Heart」でスローで美しい曲を入れるあたりの配置もいい。
 ちなみに,一番のお気に入りはその次に来る「She's a Groover」。いや,本当にGrooveってこういうことなんだね。
[PR]
by northCountry | 2004-03-09 19:32 | CD評