ヤマハ「FG-201B」

 1970年代に,モーリスと人気を二分したヤマハのアコースティック・ギター。その入門ラインとも言える「FG」シリーズは,今でもジャパニーズ・ビンテージとして評判が高い。
 ただこのFG-201Bは,1978年くらいに購入したもので,いわゆる「オレンジ・ラベル」と呼ばれるものだ。時代的にはかなり経過している。
 いずれにしても,フラットピックを使ってコードを弾くのに適したギター。頑丈な作りでしっかりしており,30年近くたった今もトップがふくらむようなことはない。音も悪くない,とオーナーとしては思ってしまう。ただ弦高が高いので,フィンガープレイには不向き。

 そのうち写真も入れよう。
[PR]
by northCountry | 2004-04-07 21:07 | ギター


<< DVDレコーダが欲しい! 石川鷹彦「WORDS」 >>